札幌道新文化センター大通教室 ☎ 011-241-0123 :平日 9:30~19:00 土曜 9:30~18:00 (日曜・祝日休み)

北海道の歴史 縄文文化からアイヌ文化へ

会場: 道新ビル大通館7階 第3教室

新設講座 施設使用料

「北海道・北東北の縄文遺跡群」が2021年7月にユネスコ世界文化遺産登録されて、2周年を迎え、今年は遠軽町の白滝遺跡群出土遺物が国宝に指定されました。

この講座では、北海道内から発掘・出土されている遺跡から北海道の歴史について学びます。この機会に様々な歴史のロマンに触れていただければと思います。

<カリキュラム>
北海道島史の画期
1.土器にかわるもの
鉄鍋と陶磁器流入の様相から
陶磁器は北海道島で好まれたか

2.竪穴建物と平地建物
住居形態の変遷
大規模竪穴群の謎

3.大陸と北海道島とのつながり
「山丹交易」聞いたことがありますか
蝦夷錦 青玉 新しくなるとマッチも

を予定しております
※カリキュラムは変更になる場合がございます

「北海道・北東北の縄文遺跡群」が2021年7月にユネスコ世界文化遺産登録されて、2周年を迎え、今年は遠軽町の白滝遺跡群出土遺物が国宝に指定されました。

この講座では、北海道内から発掘・出土されている遺跡から北海道の歴史について学びます。この機会に様々な歴史のロマンに触れていただければと思います。

<カリキュラム>
北海道島史の画期
1.土器にかわるもの
鉄鍋と陶磁器流入の様相から
陶磁器は北海道島で好まれたか

2.竪穴建物と平地建物
住居形態の変遷
大規模竪穴群の謎

3.大陸と北海道島とのつながり
「山丹交易」聞いたことがありますか
蝦夷錦 青玉 新しくなるとマッチも

を予定しております
※カリキュラムは変更になる場合がございます

講座詳細

クラス 一般
曜日・時間 第2 木曜日
13時00分 ~ 14時30分
受講料金ほか

2024年1月~3月(3回)
受講料金:8,250円

※受講料金は、受講料と施設使用料を合わせた金額です(一部講座を除く)。 そのほか、教材費(テキスト、資料、教材などの費用)、団体傷害保険料が必要な講座があります。 講座内容によって異なりますので、詳細はお問い合わせください。

持ち物・ご購入いただくもの

■持参品/筆記用具

その他

▶写真1 山丹交易の舞台 アムール川下流域ティール付近
▶写真2 平取町ポロモイチャシ跡出土内耳土鍋と絵唐津大皿(北海道埋蔵文化財センター1994『遺跡が語る北海道の歴史』から引用

会場

道新ビル大通館7階 第3教室
札幌市中央区大通西3丁目6 道新ビル大通館7階

講師

越田 賢一郎
札幌国際大学縄文世界遺産研究室室長
札幌国際大学人文学部教授

講師プロフィール

1948年 千葉県生まれ。立教大学大学院文学研究科修士課程修了、北海道教育委員会、北海道埋蔵文化財センターを経て、現在。札幌国際大学人文学部現代文化学科教授、札幌国際大学縄文世界遺産研究室室長
専門分野は考古学、東北アジア史。著作に、『北海道の歴史 上』(共著、北海道新聞社、2011年)や『北海道の古代・中世がわかる本』(共著、亜璃西社、2015年)などがある。

お問い合わせ・お申し込み

札幌道新文化センター大通教室

011-241-0123

〒060-0042 札幌市中央区大通西3丁目6 道新ビル大通館7F

窓口営業時間:平日 9:30~19:00 土曜 9:30~18:00
日曜・祝日休み