札幌道新文化センター大通教室 ☎ 011-241-0123 :平日 9:30~19:00 土曜 9:30~18:00 (日曜・祝日休み)

【全3回完結】

子孫が語る新選組二番隊組長永倉新八の軌跡

会場: 道新ビル大通館7階 第5教室

新設講座 おすすめ 見学不可 おすすめ 施設使用料

永倉新八の余生を中心に史料、子孫や一族が代々語り継いできた家伝を基にひもときます。

【カリキュラム(予定)】
1回目(10/21)
〈永倉新八の家系と松前藩について〉
新八は三十歳で維新を迎え、七十七歳まで生きた。この永すぎた余生を〝ひ孫〟の立場から。
●新八改め杉村義衛から私に到る杉村家の系図
●維新から大正4年死去までの永き余生
●松前藩家老にして画人。蠣崎波響―7年前の秋、12人のアイヌを描いた幻の「夷酋列像」が公開された(北海道博物館開館記念事業)の周辺
●養父・杉村介庵の修業時代―能登半島の津幡(つけ根)と蛸島(最北端)
●新八、婿養子入りは、杉村家長男・杉村玄英の戦死(箱館戦争・明治2年4月12日)
 ほか

2回目(11/18)
〈樺戸集治監撃剣師範就任期〉(明治十五年~同十九年)
●明治17年、樺戸集治監で月形典獄の発案で日本酒「金龍」「龍田川」醸造とか
●旭川刑務所から「月形町役場に寄贈の山岡鉄舟揮毫「修武館」の周辺
●当時の新聞で読む樺戸情報「一大物産の鹿の濫獲を避けよ」
●「北海道集治監勤務日記」の羊肉を喰う話
 ほか

3回目(12/16)
〈最晩年の小樽時代〉(明治三十二年から葬儀までのエピソード)
●大正3年、浅草三友館で最も初期に公開された新選組無声映画「近藤勇」森三之助・近藤勇/関根達発・坂本龍馬。この日活向島製作の映画は北海道にも封切られたとか。(未見)
●新八葬儀の際に菓子折持参で弔問に訪れた北大(東北帝大農大)撃剣部の学生等の挿話
 新八の息子・義太郎経営の「星風亭」「公園館」のこと
●小林多喜二日記に登場する新八の子息経営の「拓ビル食堂」
 大正二年、新八と六人の剣友、札幌・五十嵐写真館で記念写真を撮る
 ほか

永倉新八の余生を中心に史料、子孫や一族が代々語り継いできた家伝を基にひもときます。

【カリキュラム(予定)】
1回目(10/21)
〈永倉新八の家系と松前藩について〉
新八は三十歳で維新を迎え、七十七歳まで生きた。この永すぎた余生を〝ひ孫〟の立場から。
●新八改め杉村義衛から私に到る杉村家の系図
●維新から大正4年死去までの永き余生
●松前藩家老にして画人。蠣崎波響―7年前の秋、12人のアイヌを描いた幻の「夷酋列像」が公開された(北海道博物館開館記念事業)の周辺
●養父・杉村介庵の修業時代―能登半島の津幡(つけ根)と蛸島(最北端)
●新八、婿養子入りは、杉村家長男・杉村玄英の戦死(箱館戦争・明治2年4月12日)
 ほか

2回目(11/18)
〈樺戸集治監撃剣師範就任期〉(明治十五年~同十九年)
●明治17年、樺戸集治監で月形典獄の発案で日本酒「金龍」「龍田川」醸造とか
●旭川刑務所から「月形町役場に寄贈の山岡鉄舟揮毫「修武館」の周辺
●当時の新聞で読む樺戸情報「一大物産の鹿の濫獲を避けよ」
●「北海道集治監勤務日記」の羊肉を喰う話
 ほか

3回目(12/16)
〈最晩年の小樽時代〉(明治三十二年から葬儀までのエピソード)
●大正3年、浅草三友館で最も初期に公開された新選組無声映画「近藤勇」森三之助・近藤勇/関根達発・坂本龍馬。この日活向島製作の映画は北海道にも封切られたとか。(未見)
●新八葬儀の際に菓子折持参で弔問に訪れた北大(東北帝大農大)撃剣部の学生等の挿話
 新八の息子・義太郎経営の「星風亭」「公園館」のこと
●小林多喜二日記に登場する新八の子息経営の「拓ビル食堂」
 大正二年、新八と六人の剣友、札幌・五十嵐写真館で記念写真を撮る
 ほか

講座詳細

クラス 一般
曜日・時間 第3 金曜日
13時00分 ~ 15時00分
受講料金ほか

2022年10月~12月(3回)
受講料金:8,580円
資料代:100円

※受講料金は、受講料と施設使用料を合わせた金額です(一部講座を除く)。 そのほか、教材費(テキスト、資料、教材などの費用)、団体傷害保険料が必要な講座があります。 講座内容によって異なりますので、詳細はお問い合わせください。

持ち物・ご購入いただくもの

○持参品/筆記用具、ノート

会場

道新ビル大通館7階 第5教室
札幌市中央区大通西3丁目6 道新ビル大通館7階

講師

杉村悦郎
編集者
永倉新八曾孫

お問い合わせ・お申し込み

札幌道新文化センター大通教室

011-241-0123

〒060-0042 札幌市中央区大通西3丁目6 道新ビル大通館7F

窓口営業時間:平日 9:30~19:00 土曜 9:30~18:00
日曜・祝日休み