小樽道新文化センター ☎ 0134-23-1700 :平日 9:30~18:30 土曜 9:30~17:30 (日曜・祝日休み)

函館本線“山線”の歴史を語る

会場: 道新小樽支社3階 Bホール

新設講座 おすすめ 見学不可 おすすめ 夜間講座 施設使用料

北海道新幹線の札幌延伸に伴い「並行在来線」として、廃止が確定的となった函館本線長万部〜小樽間、通称「山線」。その歴史は明治37(1904)年、民間会社「北海道鉄道」によって、函館から小樽までの路線が全通したことに始まります。その開業前夜から現在に至るおよそ120年のあいだには、さまざまな興味深い出来事がありました。この講座では小樽の歴史、鉄道に関わりの深い2人の講師が、山線にまつわる多くの歴史的エピソードをお話しします。

北海道新幹線の札幌延伸に伴い「並行在来線」として、廃止が確定的となった函館本線長万部〜小樽間、通称「山線」。その歴史は明治37(1904)年、民間会社「北海道鉄道」によって、函館から小樽までの路線が全通したことに始まります。その開業前夜から現在に至るおよそ120年のあいだには、さまざまな興味深い出来事がありました。この講座では小樽の歴史、鉄道に関わりの深い2人の講師が、山線にまつわる多くの歴史的エピソードをお話しします。

講座詳細

クラス 一般
曜日・時間 月2回 火曜日
18時00分 ~ 19時30分
受講料金ほか

2022年7月(2回)
受講料金:4,840円
資料代:300円

※受講料金は、受講料と施設使用料を合わせた金額です(一部講座を除く)。 そのほか、教材費(テキスト、資料、教材などの費用)、団体傷害保険料が必要な講座があります。 講座内容によって異なりますので、詳細はお問い合わせください。

持ち物・ご購入いただくもの

〇持参品/筆記用具
〇資料代/300円

会場

道新小樽支社3階 Bホール
小樽市稲穂2-8-4

講師

佐藤 圭樹、渡辺 真吾

お問い合わせ・お申し込み

小樽道新文化センター

0134-23-1700

〒047-0032 小樽市稲穂2丁目8−4 北海道新聞小樽支社4F

窓口営業時間:平日 9:30~18:30 土曜 9:30~17:30
日曜・祝日休み