小樽道新文化センター ☎ 0134-23-1700 :平日 9:30~18:30 土曜 9:30~17:30 (日曜・祝日休み)

著者が解説

「精読・小津安二郎 死の影の下に」

会場: 小樽支社4階 C教室

新設講座 おすすめ 施設使用料

名監督として世界に名を遺す小津安二郎の世界を綴った著作本を、中澤先生が特別に解説します。
作品の背景を一緒に読み解きましょう。

名監督として世界に名を遺す小津安二郎の世界を綴った著作本を、中澤先生が特別に解説します。
作品の背景を一緒に読み解きましょう。

講座詳細

クラス 一般
曜日・時間 第2・4 水曜日
13時00分 ~ 15時00分
受講料金ほか

2021年10月~12月(4回)
受講料金:9,240円

※受講料金は、受講料と施設使用料を合わせた金額です(一部講座を除く)。 そのほか、教材費(テキスト、資料、教材などの費用)、団体傷害保険料が必要な講座があります。 講座内容によって異なりますので、詳細はお問い合わせください。

持ち物・ご購入いただくもの

〇持参品/筆記用具
〇教材費/書籍代2,000円「精読・小津安二郎 死の影の下に」(言視社)
※お持ちの方はご持参ください。

会場

小樽支社4階 C教室
小樽市稲穂2丁目8-4 北海道新聞小樽支社内

講師

中澤 千磨夫
北海道武蔵女子短期大学教授

講師プロフィール

全国小津安二郎ネットワーク会長。著書に『小津の汽車が走る時 続・精読小津安二郎』(言視舎)、『精読小津安二郎 死の影の下に』(言視舎)、『小津安二郎・生きる哀しみ』(PHP新書)、『荷風と踊る』(三一書房)など。
映画プロデュース作品に前田直樹監督『冬空雪道に春風』(2010年)、出演作品に篠原哲雄監督『プリンシパル~恋する私はヒロインですか~』(2018年)など。
CFにDCMホーマック(2016年)、東急リバブル・娘との帰り道編(2016年)、津軽海峡フェリー(2017年)、チャペル・ド・コフレ札幌(2017年)、北海道米販売拡大委員会(2018年)など。
MVにNORD「ゴー!ゴー!レバンガ~超えろを超えろ。~」(2018年)

お問い合わせ・お申し込み

小樽道新文化センター

0134-23-1700

〒047-0032 小樽市稲穂2丁目8−4 北海道新聞小樽支社4F

窓口営業時間:平日 9:30~18:30 土曜 9:30~17:30
日曜・祝日休み