釧路道新文化センター道新教室 ☎ 0154-25-2509 :平日 9:30~18:30 土曜 9:30~18:30 (日曜・祝日休み)

クナシリ・メナシの戦いから見えてくるもの

道東のアイヌ民族

会場: A教室

新設講座 おすすめ 土日講座 施設使用料

アイヌ民族と和人の最後の戦い「クナシリ・メナシの戦い」。寛政元(1789)年、国後島、メナシ地方のアイヌ民族が蜂起して、和人71人が死亡、アイヌ民族37人が処刑された。飛騨屋、松前藩、幕府の思惑とロシアの影、その背景に何があったのか。3回の講座で真相を解明したい。

4/25 【クナシリ・メナシの戦いの顛末(てんまつ)】講師:山本悦也 「横死七十一人之墓」は誰が作ったのか。碑文の漢文を読み解く。

5/23 【決起にせまられた道東アイヌ】講師:奥田幸子 日本とロシアの狭間で果敢に生きるアイヌの姿を見る

6/13 【それからの道東とアイヌ民族】講師:大川純彦 松前藩の戦後処理と幕領期の和人化政策は何をもたらしたのか。

アイヌ民族と和人の最後の戦い「クナシリ・メナシの戦い」。寛政元(1789)年、国後島、メナシ地方のアイヌ民族が蜂起して、和人71人が死亡、アイヌ民族37人が処刑された。飛騨屋、松前藩、幕府の思惑とロシアの影、その背景に何があったのか。3回の講座で真相を解明したい。

4/25 【クナシリ・メナシの戦いの顛末(てんまつ)】講師:山本悦也 「横死七十一人之墓」は誰が作ったのか。碑文の漢文を読み解く。

5/23 【決起にせまられた道東アイヌ】講師:奥田幸子 日本とロシアの狭間で果敢に生きるアイヌの姿を見る

6/13 【それからの道東とアイヌ民族】講師:大川純彦 松前藩の戦後処理と幕領期の和人化政策は何をもたらしたのか。

講座詳細

クラス 一般
曜日・時間 月1回 土曜日
13時00分 ~ 14時30分
受講料金ほか

2020年4月~6月(2回)
受講料金:3,520円
資料代:200円

※受講料金は、受講料と施設使用料を合わせた金額です(一部講座を除く)。 そのほか、教材費(テキスト、資料、教材などの費用)、団体傷害保険料が必要な講座があります。 講座内容によって異なりますので、詳細はお問い合わせください。

持ち物・ご購入いただくもの

〇持参品/筆記用具
〇教材費/300円(3回分)

会場

A教室

講師

山本 悦也 ほか

お問い合わせ・お申し込み

釧路道新文化センター道新教室

0154-25-2509

〒085-0018 釧路市黒金町11丁目5−1 北海道新聞釧路支社5F

窓口営業時間:平日 9:30~18:30 土曜 9:30~18:30
日曜・祝日休み

予約できません。
お問い合わせください。